投資顧問業と聞いてもピンとこない方もいますよね?ここでは色々な職種を例にあげてわかりやすく説明していきますので、投資顧問業がどんな内容の仕事なのか参考にしてみてください。

野村不動産投資顧問の業務などについて

野村不動産投資顧問とはどのような会社なのかということについて説明します。
この会社が行っている主な事業内容としては投資運用業、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業、宅地建物取引業などを行っています。
投資運用業とは、主に金銭やその他の財産の運用を行う業務です。
第二種金曜商品取引業とは、金融商品取引法2条8項に掲げられている行為を行う業務のことです。この行為の中にはデリバティブの販売・勧誘、投資助言、投資運用、顧客資産の管理などが含まれています。
投資助言・代理業とは、有価証券または金融商品の価値などに関する助言を行ったり、投資顧問契約または投資一任契約の締結の代理又は媒介を行う業務のことを言います。
宅地建物取引業とは、自らが行う宅地や建物の売買や交換と売買や交換、貸借をするときの代理や媒介を行う業務のことを言います。
これらの事業を行う野村不動産投資顧問は2003年に資本金300万円で設立されました。
今では社員の数は176名にまで増えています。

野村不動産投資顧問の企業理念は「運用パフォーマンス至上主義」です。
というのは、常に責任ある行動を軸として、投資家の信頼に応えるマネジメントを遂行したり、今までの経験から培われてきた投資運用ノウハウを発揮し、投資ニーズに応える新たな商品やサービスの提供を常に提供したり、事業経験と不動産知識を備えた人材を適当に活用して投資価値の見極めやマネジメントにおける高い付加価値の提供を行ったり、新たな事業領域への挑戦などを行いさらなる成長を目指したりしています。

このように野村不動産投資顧問はとても責任力をしっかりと持っている事業経験、不動産知識を備えている社員によって構成されているのでとても信頼のできる会社です。